ダイエットとは

ダイエットで理想の体型を作りたいという女性の方が増加中です。 女性だけでなく男性でもメタボ対策などの問題が浮上してから 積極的にダイエットする中年男性も急増ということです。 しかし、ダイエットをただ単にやせるだけのものとして考えている人も多いのも事実です。 ダイエットを行う意義としては、理想の体型になるための方法はもちろんですが、 太らない体作りをするためのものでもあります。 痩せるだけの効果ではすぐにリバウンドして元の体型に戻ってしまう可能性もあります。

そこで、太らない体作りを一緒に行えばいつまでも理想の体型を維持することができます。 そのため、ダイエットといってもしっかりと考えて、 どのようなダイエット方法が太らない体作りに効果的かをよく見極めて行いましょう。 それと、肥満体の人にとっては痩せることはもちろんですが、 将来的に病気にならない体作りもしなければなりません。 そのような健康になるためのダイエット方法もあります。

ダイエット方法のご紹介

このように、単純にダイエットをして痩せようということを目的にせずに、 太らない体作りを心がけたり、健康になる体作りを心がけたりしたほうが あなた自身にとってお勧めのダイエット方法となるでしょう。 そこで当サイトでは、色々なダイエット方法をご紹介しますが、 基本的には太らない体作りや健康になる体作りの方法をメインにしてご紹介したいと思います。

ダイエットとは ダイエットとはもともとは医学用語でした。食事制限やカロリーコントロールによって健康を取り戻すための食事療法がメインでした。 そのため、当初は運動をすることはダイエットに含まれていませんでした。

当時はダイエットする人は病気を治したい人向けに行われる療法だったからでしょう。 また、病気の人以外にも貴族の間でもダイエットは食事制限法として取り上げられていました。美味しいものばかりを食べていた貴族にとって、体型を元に戻したり、健康な体にするのは急務だったのです。

食事ダイエットの方法1

食事ダイエットの方法をご紹介します。 まず、ダイエットの基本ですが摂取するエネルギーよりも 消費するエネルギーが多いほど体重が減ります。 これは、毎日の食事に気をつけて、 常日頃から運動をしていれば太る体にはなりにくいというわけです。

ただし、運動をしていていも何故か体重が増えてしまったという経験はありませんか。 これは消費しているエネルギーよりも摂取しているエネルギーが多いためで、 例えば運動しておなかがすいたので焼肉などの高エネルギーな食事を摂ったり、 喉が渇いたのでビールなどのアルコール類を摂取したり、 甘いものを食べたりしていると、せっかく運動して消費しても より多くのエネルギーを体に蓄積してしまい、体重が増えるという悪循環になります。

そのため、ダイエットをするうえでは食事にも気を配り、 ダイエットに適した食事を摂ることが大事です。 その際に心がけることがあります。 それが消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーを少なくするということです。

食生活の乱れ

しかし、現代では飽食の時代といわれるほど、 食べ物が世の中にたくさんあって、私達の身近でもすぐに食べることができるものばかりです。 例えば、冷蔵庫に保管している夕飯の残り物とかを電子レンジで温めればすぐに食べることができるし、 自宅に食べ物がなかったりしても家の近くのコンビニなら深夜でも食べ物を買いにいけるなど、 便利な分、たくさんの誘惑に打ち勝っていかないと ちゃんと定期的に運動していたとしても いつのまに摂取するエネルギーのほうが多くなってしまいます。

しかも怖いのが無意識で甘いものなどを摂取できる環境にあると言うことです。

そのため普通の生活をしているとついつい太ってしまうというのが 現代人の大きな悩みのひとつなのです。

このように食事コントロールするのはとっても大変ですが、 体重を落としたいという方には、 現代社会の環境を工夫しながら生活しなければならないという 結構難しいハードルをくぐる必要があります。

食事ダイエットの方法2

食事を摂りながらダイエットを行うに当たって大事なポイントがあります。 それが食事では「糖質」と「脂肪」を控えるということです。 糖質とはケーキやチョコレートなどの甘いお菓子に多く含まれていますが、 実は私達の主食である米や穀物類などにも含まれていることはご存知でしょうか。 しかし、同じ糖質でも気をつけなければならないのが、 甘いもののお菓子に含まれる糖質のほうです。

それらは体にすぐに吸収されやすくすぐに脂肪となって体重が増える原因となります。 一方、「脂肪」では脂身たっぷりのお肉などを摂取ばかりしていると 脂肪分が体に多くなって太る原因になることはお分かりいただけますね。 このように、糖質や脂肪を抑えて、 たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく摂るのが食事ダイエットでは重要なことになります。

食事を摂る上で大事なことがあります。 それが「規則正しく食事を摂る」ということです。

痩せたいために朝ごはんを抜くとか、お昼を食べないとか、 夕飯を抜くとかということをする人がいますがこれは一時的に体重が減っても、 すぐに体重がもとにもどってしまう方法なのでお勧めはできません。

一日3食のススメ

やはり大事なことは1日3食、決まった時間に規則正しく取ることで、 体脂肪を効果的に燃焼させることがポイントとなります。

それと、気をつけたいのが夕飯にたくさんの料理を食べがちですが、 できれば、朝食や昼食に多くとって、夕飯は少なめにするのもダイエットには効果的です。 あと、食事を摂る際にはゆっくり噛んで食べることが大事です。

ゆっくりと時間をかけて噛むことによって 脳に「もうおなかいっぱい」という意識を持たせることで 時間をかけて噛むことによって早食いや食べすぎを抑えることができます。 このような食べ方にすれば、全部食べずに少し残す方法も可能です。

ダイエットをするのであれば、食事は全部食べるよりも少し残す意識をもっておこないましょう。

ダイエット食材、飲料、サプリ(スーパーバーム、黒烏龍茶、ヘルシア)

ダイエット食材、飲料、サプリ(スーパーバーム、黒烏龍茶、ヘルシア) スーパーヴァームで体脂肪燃焼ダイエットをする。 スーパーヴァームは明治乳業から発売されているスポーツ栄養飲料で、 独自のアミノ酸素材V.A.AM3000mgに、L-カルニチンとコエンザイムQ10をプラスした飲料です。 本気で運動に取り組む人々に向け、運動時の活動をサポートするために発売されており、 運動時の体脂肪燃焼を本気に取り組む方には人気の高いドリンクです。

黒烏龍茶でダイエット 特定保健用食品サントリー黒烏龍茶は黒烏龍茶に含まれるウーロン茶重合ポリフェノールの効果で、 食事と一緒に飲むと、その食事の脂肪吸収を抑えてくれるのでダイエットにも最適です。

また、食後の中性脂肪の上昇を抑える働きをしたり、脂っこい料理にも効果があります。 焼肉、とんかつ、ラーメンなど食べる際に黒烏龍茶飲むだけでもいいのです。

脂肪吸収を抑える

つまり、黒烏龍茶では脂肪吸収を抑制→中性脂肪の上昇を抑制→脂肪排泄量の増加の3ステップ効果があります。 ちなみに、サントリー黒烏龍茶の価格に関しては、 正規価格は350ミリリットルで160円ですが、激安価格を調べると一本あたり123円が一番安いようですね。 ヘルシアでダイエット 花王のヘルシアは有名なダイエット飲料で皆さんもご存知かと思います。

ヘルシアは飲んでいるだけでは脂肪の燃焼効果があり、 高濃度のカテキンがダイエットには非常に効果が高いということです。 もちろん、ただ飲んだだけでは効果が薄いので、 ウォーキングやジョギングなどの運動ともに摂取すると効果が高いでしょう。

そのため、メタボ対策などで中高年の間で爆発的にヒットしました。 しかし、ヘルシアを大量に摂取しても効果が高いわけではありません。 1日の摂取目安量を守って飲むことが大切です。 1日1本を目安に、長く続けることがヘルシア効果を持続させるコツです。

ダイエットグッズ

ダイエットする際に効果を発揮するグッズをご紹介したいと思います。 ビリーズブートキャンプ まずは皆さんもご存知の「ビリーズブートキャンプ」からご紹介します。 このダイエット方法が登場してから類似品が沢山出回ったことで この運動方法の影響力を物語っていますが、 なんと日本国内でも150万枚が売れたというのだから驚きですね。

このプログラムは7日間で集中してダイエットに取り組む運動で、 体力に自信がある人も層でない人でも誰もが気軽に始めることができるのが 大ヒットになったひとつの要因です。

「ビリーズブートキャンプ」とは、アメリカの軍隊で行われている 短期間で集中して体を絞り込むためのトレーニング方法です。 アメリカ陸軍でエリート養成プログラムの専属トレーナーを務めてきた ビリー・ブランクスが、軍隊式トレーニングをもとに、 家庭でも気軽にできるように独自に開発したエクササイズなのです。

このトレーニングが大ヒットになった要因を挙げるならば、 ユニークでオリジナリティあふれる独特な動きと、 「隊長」と呼ばれているビリーさんの人柄が大ブレークになったということです。

特にビリーさんのスパルタ式にトレーニングする姿はもちろん、 精神的にも参ってきたところにビリーさんのやる気が出てくる一言が 運動している人にはとっても心地よいほどなのです。

ちなみに、ビリーさん。現在は日本人と結婚されて 大阪に在住しているそうです、意外ですよね。 今後、ビリーさんの日本での活動に大いに注目しています!

メディアで話題のコアリズム

「コアリズム」 ビリーブートキャンプのようなエクササイズDVDが人気を高めていた頃に登場としたのが「コアリズム」です。 このエクササイズを有名にしたのがお笑い芸人「クワバタ」さんが たった10日間で達成した「くびれ」がマスコミでも注目されて 様々なメディアで取り上げられることでコアリズムの人気が高まりました。

クワバタさん以外にも、たくさんの芸能人が愛用しているということで話題のエクササイズを試してみませんか。

肥満が原因の病気の種類と概要

実は肥満が病気の原因となっていることが多いようですので、 なぜ肥満が病気の原因となっているのか、 肥満の人がなりやすい病気などをご説明したいと思います。 肥満になると下記の病気になりやすいといわれています。

これらの病気では肥満体の人のほうが数倍のリスクが高くなるといわれています。

脳神経系:脳梗塞・脳出血 呼吸器系:睡眠時無呼吸症候群 循環器系:高血圧・心肥大・心筋梗塞・狭心症 内分泌系:糖尿病・高脂血症・痛風・高尿酸血症・乳がん 筋骨格系:変形性膝関節症・腰痛症 生殖器系:卵巣機能異常・前立腺がん・子宮がん・妊娠中毒症・不妊症 次に上記の病気の中から肥満体の人が気をつけなればいけない病気を取り上げますと、 まず「高血圧」からご紹介しましょう。

肥満体になると中性脂肪がたまって脂肪細胞がおおきくなると 体により多くの酸素やエネルギーが必要となってきます。 そのため、血液量が増えて、心臓に負担をかけることになります。









病気になる危険性

体脂肪が多いとインスリンの分泌量が増えるので血圧を上昇させてしまいます。 しかし、血圧を下げたいのであればダイエットして痩せれば血圧も下がって正常になることでしょう。 次に、糖尿病についてご紹介します。

肥満体になるとインスリンの量が増え、機能も低下を引き起こし、 そしてインスリンの分泌が能力を超え、膵臓が疲労して逆に分泌量が減って 血糖値の高い状態が続くことになり、やがて糖尿病に移行してしまいます。

その後、糖尿病にかかると合併症として失明や腎不全の危険性のリスクも高まってしまいます。 また、脳卒中の病気にも気をつけなければなりません。 肥満体により高血圧になると血管が破れやすくなってしまいます。

そのため、突然脳卒中で倒れてしまうことにもなりかねません。 それだけでなく、突然死の50%以上の虚血性心臓疾患を起こしやすいのも肥満体です。 このように肥満体によって様々な病気になりやすいリスクが高まるということを知っておきましょう。

ダイエットをする必要性

ダイエットをする必要性についてご説明します。 ダイエットをしたことがある方なら分かるかと思いますが、 頑張ってダイエットする目標を分類するなら2つの必要性にわけることができます。

一般的にダイエットは「容姿のため」そして「健康のため」に だいたいみんな努力しているのです。

ダイエットの必要性 

容姿のため 「痩せてカッコよくなる」「憧れのあのドレスが着たい」「異性と付き合いたいからダイエットする」 といった感じに、自分の容姿のためにダイエットします。

それは本人の考え方次第によるもので、太っていても別にダイエットしなくてもよいと考える人もいるし、 痩せている人でもダイエットしないといけないと常に思っている人もいます。

自分の容姿のために体重を落として自分の目標を達成させるということにダイエットを用いている人には 同時に健康管理もしながらダイエットをしないといけない点を忘れないで下さい。








目的

ダイエットの必要性 健康のため 太っている肥満体の場合、実は様々な病気の原因となっていることが多いようです。 体重を落として肥満を解消させる目的にダイエットを行います。

この場合、ダイエットというよりも治療の一環として考える人もいます。

そのため、治療の一環ということで、お医者さんの指導のもとにダイエットを行う必要が出てきます。 肥満の人には心臓病や糖尿病になる人が多いそうですが、その他にも関節炎に悩んでいる人もいます。

色々な病気が肥満と関係があるということですから、ダイエットする必要性があると言うことです。 上記の「容姿のため」に用いられるダイエット方法では体に悪影響を及ぼす人もいるので、 健康のためダイエットをする人は医師や専門家の意見を取り入れた方法で実行しましょう。 大事なのが、無理をしない健康なダイエットをすることです。

標準体重を大きく上回っている人は、容姿のため、健康のためにダイエットを行うのでしょうが、 大事なのは健康なダイエットをすることです。

色々なダイエットの種類と概要1

ダイエット方法にも様々な方法がありますのでご紹介します。 方法といっても色々なものがありますが、分類でまずは分けてみましょう。 ダイエットの方法を大きく分類すると下記の通りとなります。

運動で太りにくい体にする ・ダイエットレシピや食事で痩せる ・気になる部分のダイエット ・短期間・長期間の方法 そこで、各分類毎にまとめてダイエット方法を簡単にご紹介しましょう。 運動で太りにくい体にする 太らない体を作るためにも運動することが大事です。 そこで、お勧めの運動ダイエット方法をご紹介します。

まず運動の基本であるウォーキングとジョギングの方法ですが、 ウォーキングは有酸素運動の代表的な運動で、 誰でも簡単にできるというメリットがあります。そのため、日頃運動していなくても誰でもできますし、 とっても気軽に始められるのがポイントですね。 しかし、短時間だけでは効果が薄いので、なるべく時間をかけて行うのが重要です。









部分ダイエット

一方、ジョギングも基本的には誰でも始めることができますが、 運動負荷がウォーキングよりも高いため、前準備が重要となります。 また、足腰にも負担がかかるため体が弱い人には十分に気をつけておこないましょう。

ダイエットレシピや食事で痩せる 次に、食事でダイエットをする方法としては様々な方法があります。 野菜、穀物・イモ、キノコ・コンニャク・寒天・海草類、肉・魚類、乳製品、 ドリンク類(お茶・コーヒー・紅茶)、調味料、大豆食品を用いてダイエットします。

気になる部分のダイエット 気になる部分のダイエットする方法は、脚やヒップ、顔、ウエストやお腹などを 部分的に痩せる方法です。 自転車ダイエット、呼吸ダイエット、加圧トレーニング、アイソメトリクスなどの方法があります。

短期間・長期間の方法 ダイエットをする際には即効性が高い方法を選ぶか、 短期間か長期間かを予め決めておいたほうが良いでしょう。 即効性はすぐに体重が減ることが期待できますがリバウンドが心配です。

色々なダイエットの種類と概要2

今回はみんなが選ぶダイエット方法、好評で誰もがやっているダイエット方法をご紹介していきます。 ダイエット方法でも人気がある方法は下記の通りです。 ウォーキングダイエット 運動ダイエットの基本中の基本のウォーキング。

やはりみんなこの方法からダイエットを始める人が多いようですね。

骨盤ダイエット これは運動のひとつで眠る前に簡単な体操で骨盤のゆがみをストレッチで直す方法です。 ヨガ ヨガはダイエットに効果が高い方法です。

しかも血液循環もよくなるなど健康にもよい方法です。

バナナダイエット 少し前にバナナを食べると痩せるということでスーパーの売り場からバナナが消えた日がありましたね。 半身浴ダイエット 半身浴の他にも岩盤浴で痩せる体にするという方法です。

レコーディングダイエット 以前、書籍として販売されて大人気になった方法で、 「食事メモを取るだけでやせる」という方法です。 基本的には食べたものをメモするだけのダイエットです。 次に気になるダイエット方法をご紹介します。

非常に即効性が高く、簡単に痩せる方法として 口コミから広がった方法で「燃焼系スープダイエット」があります。

この方法はとっても簡単で、燃焼系スープを主に飲んでいれば 一週間ですぐに痩せたという口コミがインターネット上で多く見られるとおり、 即効性でしかも効果が高いダイエット方法です。

燃焼系スープ

燃焼系スープの作り方 材料 たまねぎ3個 ピーマン1個 セロリ1本 キャベツ半分 ホールトマト1缶 チキンスープの素1個 作り方 お湯を沸かして、野菜を一口大に切ります。 キャベツは少し大きめにきります。

その後、沸騰したお湯にチキンスープの素を入れて、 全ての野菜を入れて、ホールトマトを入れます。 塩コショウで味を調えて閑静です。 この燃焼系スープは7日間プログラムとともに実施するのが良いでしょうが、 実際のところは燃焼系スープだけでも効果があります。

普通の食事を摂る前に燃焼系スープを摂るだけで痩せるという口コミもあります。

生活習慣ダイエット(自己管理、食事日記)

やせる3つの基本の中のひとつ「生活改善」に関してご紹介したいと思います。 生活改善を行ってダイエットを行うのですが、 改善といってもダイエットに効く習慣を身につけて実行するということです。

ダイエットに効く習慣を考える前に、肥満になる習慣について考えたいと思います。 肥満体になる大きな原因のひとつが「生活習慣病」と呼ばれています。 肥満になるということは、学術的には親からの遺伝も関係しているといわれていますが、 割合で示すと、遺伝は3割、環境が7割と言われています。 遺伝によるものは自分だけで改善するのは難しい面があります。

のため、医師と相談しながら改善していく必要がありますが、 一方、環境に関しては自分自身の意志の強さで改善することができます。 肥満体になる環境とは、食べ物の好みや食事の量、運動量の少なさ、不規則な生活スタイルが原因とされています。 太りやすい生活環境で育つと肥満になるということです。

バランス

つまり、本当にダイエットを成功させるのならば、 運動だけではだめです。食事だけでもだめです。 運動と食事に気を配って、そして太らない生活習慣を身に着けなくてはならないのです。

そのために、ダイエットを行う前に一度自身の生活環境を見つめなおしてください。 どのような環境によって肥満を招いてしまっているのか。 そして、そのような環境を見直して、太らない体になるためにも 自己管理をしっかりしていくことが大事です。

生活環境を見直して自己管理を徹底するためにはどうすればよいのでしょうか。 そのために有効な方法があります。それが「日記」をつけることです。 「日記」といっても感想文ではありません。 一日に何をしたかをきめ細かくつける日記のことをいいます。

具体的には何時に起きて運動を何時間したとか、就寝したとかという記録の他に、 ダイエットに効く日記の付け方で最も大事なのが「食事日記」です。 何をいつ食べ方という記録をつけることで、間食が多いとか、 不規則な時間に食べないとか実態が分かってくるようになり、 ダイエットにはとっても有効と言われています。

運動ダイエット(無酸素運動)

次に無酸素運動についてご説明いたします。 無酸素運動とは瞬間的に強い力、つまり瞬発力を利用して行う運動で、 この運動は筋肉にためているグリコーゲン(糖質)を主原料としえ使うため、 酸素を必要としない分、短時間しか運動することができませんが、 筋肉を鍛えることができる運動です。 つまり、酸素を使わない分、筋肉が体内の糖質をエネルギー源として消費されるということです。

例えば、腕立て伏せや重量挙げのような筋力トレーニング、短距離走などで瞬間的に力を発揮して、息を止めて行う運動のことをいいます。 また、無酸素運動のポイントとしては、筋肉をつけるための運動であるため、 無酸素運動を行うことによって常日頃から糖質が消費されやすい体作りができるというわけです。これを基礎代謝が高まるといいます。

つまり、太りにくい体作りには無酸素運動が欠かせないということになります。 もう少し具体的にみてみましょう。 前述したとおり、筋力トレーニング、短距離ダッシュという無酸素運動によって、 筋肉をつけることで基礎代謝を高めることができるというメリットがあります。

デメリット

しかし、気をつけないといけないのが無酸素運動のデメリットです。 無酸素運動をすることでかえって健康を損なうことにもなりかねません。 特に、高齢者や高血圧の人がこの無酸素運動を行うことによって、 運動中に心臓発作などのリスクが高まることもあります。

そのため、無酸素運動は健康体の人が、 しっかりとした管理の下で行うことができる場合に行っても良いのですが、 病気や体の弱い人向けにはお勧めできない運動方法です。

一方、無酸素運動に対して有酸素運動は中長時間必要な運動で 酸素を取り入れながら行うので脂肪燃焼が効果的に起こります。 このように、ダイエット、体脂肪を減らすためには 無酸素運動・有酸素運動のふたつを取り入れた運動を用いることが最も効果が高いということがわかりますね。

ダイエットの王道

ダイエットの方法としては基本的には3つの要素が必要となってきます。 その3つの要素とは「食事」「運動」「生活習慣」です。 これらの説明をする前に、自分の体重を減らすためにはどのようにすればいいのでしょうか。

その痩せるメカニズムについて説明します。 まず体重を落とすためには体脂肪を減らす必要があります。 人の体は50~60%の水分と、固形成分が20~30%、そして脂肪分が15~25%といわれています。

体重が増えて肥満になってしまった人はこの脂肪分が増えたことによって肥満体になるということです。 そのため、スポーツマンのように筋肉を鍛えた結果、骨や筋肉の割合が多くなって 体重が増えたということは肥満とは関係ありません。 ダイエットするということは、この体脂肪率を標準までに戻す作業ということを知っておきましょう。

この体脂肪を減少させるためには運動によって燃焼させるのが一番です。 運動によって筋力を増強させて、これにより「基礎代謝」をあげることによって 体脂肪を燃焼する力が上がるわけです。 ちなみに体脂肪が増えると体に悪影響を及ぼします。

肥満の種類

尚、体脂肪といっても2つの種類に分類されます。 一つ目は若い女性に多い皮下脂肪型肥満という体脂肪で、お尻、下腹、太ももなど下半身を中心に肥満しているのでナシ型ともいわれています。

そしてふたつ目は、中年男性に多い内臓脂肪型肥満で、ビール腹が代表的で「リンゴ型肥満」と呼ばれています。 問題となっているのがこの「リンゴ型肥満」で、 高血圧や高脂血症、心臓病などの恐ろしい生活習慣病を引き起こす原因とされています。 体脂肪を抑える方法としては、運動の他に食事によって効果的に減少させる方法もあります。

そのポイントとしては食事を摂るさいには糖質と脂肪を抑えた食事を心がけることです。 糖質で一番気をつけなければならないのがすぐに脂肪分として吸収される砂糖や果糖を含んだお菓子や果物に含まれている糖質です。

ダイエットレシピ

ダイエットをする際に気をつけたいのが食事ですが、 ダイエットに効果が高いといわれるレシピをご紹介したいと思います。 レシピをご紹介する前に、ダイエット料理の基本中の基本ですが、 最も大事なのが「適量」「バランス」です。

少なすぎてもだめ、多すぎてもだめ、カロリー計算をしながら あなたの消費エネルギーも視野に入れながら食事量を決めることが大事です。 つまりカロリーコントロールが求められます。 また、間違ったダイエットレシピによって健康に害があるようでは かえってあなたにとってはマイナスです。 過食症や拒食症などの摂食障害、健康を損なう方法ではいけません。

毎日の食事を主食・副菜・主菜・牛乳乳製品・果物毎にバランスがよい食事をとりましょう。 それでは、ダイエットレシピをいくつかご紹介したいと思います。 コンニャクを使った料理 コンニャクはとってもダイエットに向いている食材で、 とっても低カロリーでしかも、料理次第によってはとっても美味しくなります。

健康に良い料理

また、コンニャクを摂取すると血糖値の急激な上昇を抑制することから糖尿病食に利用されている優れものです。 コンニャクを使った料理では、 「切干大根とコンニャクの煮物」がお勧めです。

切り干し大根からは食物繊維が摂れるので、ダイエットに適した料理です。 コンニャクを短冊切りにしたあと、にんじんを炒め、 切り干し大根とコンニャク、チクワを加えて炒めます。 そのあと、だし汁を入れ煮込みます。

水分がなくなった後は調味料で味を調えれば終了です。 豆腐を使った料理 豆腐はとってもダイエットに適した料理です。 高たんぱく、そして低カロリーの大豆である豆腐は、 摂取カロリーを抑えたい人に大変お勧めです。

豆腐を使った料理では、 切り干し大根と豆腐の味噌汁がお勧めです。 味噌汁は満腹中枢を刺激してくれるし、食物繊維も摂れます。 作り方は、いたって簡単。 普通の味噌汁の作り方に切り干し大根と豆腐を加えるだけです。

スポーツクラブの概要とオススメ

運動不足を解消したいけど、自分で運動するのが苦手な方や、 いつも三日坊主で終わってしまってなかなか長続きしない人には 思い切ってスポーツジムに通うことをお勧めします。 スポーツジムといっても筋肉ばかりを鍛える場所ではありません。

エアロビクスやダンス、エクササイズをマンツーマンで受けたり、食事指導を受けたりと 重量挙げのような運動ばかりをする場所ではなくなっています。 なぜスポーツジムをお勧めするのかというと、 自分で運動をするよりもプロが教えてくれる運動のほうが効果が高い場合も有ります。

そのため、部分的に痩せたいという人も、独学でやるよりも プロが教えてくれたほうが効果が高いことはわかりますよね。 もちろん入会金や月会費を支払ってまで本当に効果があるかどうか疑問に思われている方もいらっしゃるでしょうが、 スポーツジムに通う1~2時間という短時間で効果がでるのならば決して高くはないのではないでしょうか。

モチベーション向上に

また、長続きするためには半強制的に運動を続ける方法が効果的でしょう。 周りの人にスポーツジムに通っているということを宣言して通ったり、 ジムにいるインストラクターからプログラムを組んでもらったりすれば、 ジムに定期的に通わなくてはならなくなります。

それと、ジムにいると周りにはたくさんの人たちが運動しています。 同じ器具を使っている人が隣にいたら、「ちょっと負けられないな」と思ってライバル意識を持ったり、 みんな頑張っているから私も頑張ろうという気持ちにもなります。

それに、エクササイズクラスとか受講すれば運動仲間とめぐり合えるチャンスもあります。 このように、スポーツジムに通うことで運動を続けられることができるので、 運動不足の人は是非とも検討してみましょう。

ちなみに、コナミスポーツではダイエットプログラムを組むことができます。 特に、コナミスポーツではリバウンドしない体作りや 寝てても痩せる体作りができるプログラムもあるようです。

生活習慣ダイエット(ストレス、ダイエット宣言)

生活習慣を見直すことでダイエットができる方法をご紹介したいと思います。 生活習慣病で最もやっかいなのが「ストレス」です。 仕事や日々の生活でたまったストレスが実は肥満な体になる原因にもなっているんですね。

その証拠に、ストレスがたまってしまうと無意識に食べ物を食べてしまって 知らないうちに体重が増えてしまっているという体験をした方も多いのではないでしょうか。 よく「やけ食い」をするという表現がありますが、まさにそのとおりです。

また、疲れたということから甘いものがほしくなったりするのは整理的なものですので、 ストレスとはあまり関係がありませんが、 無意識・無自覚で食べることによってスッキリとストレス発散できるようになると なかなか体重は元に戻らず太るばかりです。

このような傾向を防ぐ上でも、食べること以外のストレス発散方法をみつけるべきです。 例えば、散歩をするとか、スポーツで発散するとか、とにかく食べる環境から 遠ざける方法でストレス発散をさせていけば、 自然と食べ物で発散させることを防いでくれるので効果的な方法です。

運動ダイエット(有酸素運動)

今回は運動で痩せる方法をご紹介したいと思います。 食事だけに気をつけていても良く聞く「リバウンド体験」をしたという方も多いのではないでしょうか。 食事制限をやめたら太ったというのは実は体がもとに戻ってしまったということなので、 また最初からやり直す必要があります。

しかし、運動をすることで太りにくい体質にすることもできます。 そこで太りにくい体にするための運動方法をご紹介します。 まずダイエットに効果がある運動の方法は3種類に分けることができます。

「有酸素運動」「ストレッチ」「無酸素運動」です。これらについてご説明します。 有酸素運動とは、酸素を消費し充分な呼吸を確保できる運動のことで、 主にウォーキングやジョギングなどの運動方法です。

ストレッチを忘れずに

実は血液中に含まれる脂肪を体脂肪にさせる前に、酸素と結合させて燃焼させることで肥満を抑制するのですが、 有酸素運動によってより多くの酸素を取り込むことができるため 血液中を流れる脂肪を効果的にやっつけてしまうという方法なので とっても効果が高いダイエット方法のひとつです。

有酸素運動の基本は有酸素運動をはじめてから20~30分の時間が必要です。 また、単純でリズミカルな動作が効果が高いということもあるため、 そのため、ウォーキングや速歩き、サイクリングや水泳をやったら短時間で終えるよりも ゆっくりでよいので少し長めに運動しましょう。

次にストレッチについてご説明します。 ストレッチとは柔軟体操の一種で、運動を行ううえでとっても効果が高いということが立証されています。 スポーツ選手は運動を行う前と後には必ずストレッチを行っています。

そのため、上記で説明している有酸素運動を行う前にストレッチを行ってある程度体を温めましょう。 また、運動を行った後にもクールダウンさせるためにもストレッチを行うことを心がけましょう。 ストレッチには柔軟な筋肉にして筋肉の質も高めてくれたり、血行を良くする効果があります。